トピックス

【募集終了】販路拡大のための次の一手を模索中の方におすすめの輸出セミナーが開催されます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8893c661b55a2a2ad0e64156eeb4b2c1_s

先日、()グローバルブランドの山田様と打ち合わせしていた際に、322日に東京にて越境ECセミナーを開催されるとのお話を伺いました。

そのセミナーの内容が、個人的にとても魅力ある内容でしたので、なるべく多数の方の目に触れて欲しいと思い、今回記事を執筆させて頂きました。

今回のセミナー概要は『こちらをクリック』で見ることが出来ます。

 

セミナーのコンセプト

今回ご紹介するセミナーは、世界最大規模の総合航空貨物輸送会社であるFedex Express、越境EC業界をリードするグローバル決済企業のペイオニア・ジャパン()、元船井総研のWEBグループのトップで元社内実績No1の萱沼様の会社であるトゥルーコンサルティング()、年間100万件以上の海外輸送件数を有し日本郵政・アリババ・アマゾンジャパン等のセミナー講師として多数登壇されている()グローバルブランドによる輸出のプロ4社共催のセミナーです。

コンセプトは『越境ECの販路・売上拡大のために次の一手を模索する方へ』です。
売上アップのために主に2つの視点からセミナーを構成されています。
1)
北米市場(Amazon.com)は今まで以上に踏み込んだ販売戦略を展開するために今何をすべきか
2)
アジア圏のマーケットプレイス(LAZADA)に目を向ける事で、ブルーオーシャン市場で販売するための情報共有

 

北米市場(Amazon.com)への売り込み方の再考

Amazon.comの市場は参入障壁が低いためライバルが非常に多く、売上・利益が思ったように伸びきらない方がいらっしゃると思います。
そこで直ぐに撤退or他のマーケットプレイスへの参入を考えるのではなく、『何故、売上・利益が伸びきらないのか』について再考し、北米市場の現状と特徴を理解した上で販売戦略を構築すればまだまだ売上アップの余地はある。
上記の内容を、()グローバルブランドの山田様がご自身の越境EC経験と海外現地営業を通して獲得した最新の生の情報を交えてお話しされるとのことです。

 

アジア圏のマーケットプレイス(LAZADA)への参入

『東南アジアのAmazon』と名高いLAZADAについて、トゥルーコンサルティング()の萱沼様が登壇されます。

LAZADAに限らず東南アジア圏のマーケットプレイスについては、未だインターネット上に正確な情報が集まっておらず、どのように参入するのか・どの程度のリスクがあるのかについて不明確な状況が続いております。

この点、萱沼様は東南アジア向けのWEBコンサルティングについて多数の実績があるため、南アジア圏の特徴を踏まえた生の情報をお話し頂けます。

なおペイオニア・ジャパン()は、LAZADAとの正式提携をしておりますので、もしかするとLAZADA向けのお話もされるかもしれません。
また物流に目を向けると、LAZADAへの物資搬入は、特殊なルートでの輸送になると伺っております。東南アジア圏の特徴ある輸送ルート・輸送費・日数等についてはFedex Express社がお話しされるのではないかなと勝手に期待しております。

このように越境EC事業者向けのセミナーとしては、非常に内容の濃いセミナーになると予想しておりますので、出来るだけ多数の方の目に触れるようご紹介させて頂きました。
(
なお、今回のセミナー紹介について弊事務所は一切の金銭を頂いておりません。あくまで本当にタメになる内容と考えたため、ご紹介させて頂いております。)

3月22日に上記内容のセミナーを無料開催予定です。
今回のセミナーは十分に参加される価値があると考えておりますので、ご興味のある方は参加されてみてはいかがでしょうか。

http://www.globalbrand-seminar.com/
(
上記URLより予約出来ます。)

関連記事