せどりの会計・税務支援

せどりビジネスの利益の源泉は、自分の足で掘り出し物を発掘する「店頭仕入」にあるため、仕入時の領収書が膨大な数になる傾向があります。

お客様が自身で税務申告をされる場合、仕入時の膨大な書類を整理した上で、会計ソフトに取引を入力する作業をしなければなりません。当然、こうした作業は多大な時間がかかります。

しかし、せどりビジネスをされている方は、副業でされている方が大半ですので、本業から捻出した限られた時間を書類の整理等の作業に費やすことは現実的ではありません。時間のロスは出来る限り避け、なるべく仕入活動に専念する時間に回すべきです。

弊事務所では、こうした「お客様の時間のロス」を軽減するために、領収書等の整理と会計ソフトへの記帳をスムーズに行う仕組みを構築致しました。

それは、「会計ソフトfreee」を最大限に活用する仕組みです。

会計ソフトfreeeの自動化機能とは!?

「会計ソフトfreee」は、簿記の知識を持たない中小事業者向けに開発された「経理の自動化支援」が特徴の会計ソフトです。

弊事務所がおすすめしている、せどりビジネスにおけるfreeeの利用方法は「スマートフォン」を利用致します。

具体的には、freeeではiphone向けアプリと連動しており、こちらをスマートフォンにダウンロードすれば、店頭仕入を行った場合には、領収書をカメラで撮り、当該写真をfreeeにアップロードすれば、自動的に仕訳登録をしてくれるシステムが備わっています。

ですので、一々領収書を会計ソフトに手で打ち込む作業から解放されるので、その分仕入活動に集中する時間に費やすことが可能になるのです。

freeeの自動化機能には弱点がある!?

とはいえ、上記の対応のみで完全な自動化を達成出来る訳ではありません。

カメラでアップロードする機能は、精度にやや劣る場合があることや、導入時の設定を正確に行わないと誤った処理で自動化をしてしまう特徴があります。

しかし、精度に劣る部分に関しては「記帳代行サービスによる入力補助」を利用することで対応出来ますし、また導入時には「freeeに詳しい第三者のチェック」を受けることで、誤った処理で自動化をしてしまうリスクを避けることが出来ます。

したがいまして、せどりビジネスの税務業務の完全な自動化は、①記帳代行サービスを提供している、②freeeに詳しい専門家を利用することが達成出来るのです。

この点につきましては、弊事務所は『せどりビジネス用の記帳代行サービス』を準備しており、また『freeeの認定アドバイザー』に登録しておりますので、弊事務所にご相談頂くことで、せどりビジネスにおける税務業務の完全自動化を達成することが出来ます。

実際の業務内容・料金につきましては、お客様独自のニーズに合わせ個別にオーダーメイドさせて頂き、ご納得頂けた上で契約を致しますので、ご興味のある方は、是非、お気軽にご相談下さい。

なお、今ならfreeeを1カ月間限定で無料で試用することができます。是非一度お試し下さい。